うさぎのスミカ

あの日ROをはじめた理由を僕たちはまだ知らない
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 本棚
CATEGORY ≫ 本棚
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本棚:「ノーブルチルドレンの残酷」綾崎 隼

あれ!?
なんか綾崎隼さんにハマりつつある自分ガイル

ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)
(2011/06/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


~あらすじ~
古くから敵対関係にある舞原一族と千桜一族。
その子たちが描く学園物語。


ネタバレ含む感想は以下!↓
スポンサーサイト

本棚:「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅲ」

莉子にはため息がでるね。
すごい、すごいなぁって思うため息。


~あらすじ~
万能鑑定士として日々を過ごす莉子。そんな莉子の元に舞い込んできた次の依頼は、売り上げ好調で
流行のファッション店が、急に売り上げを落とす。
ある日かかってきた電話は、これ以上売り上げを落としたくなければお金を振り込めという新手の詐欺だった。

その事件を探っていくうち、有名作曲家を巻き込んだ大きな事件へと発展していく。
万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)
(2010/05/25)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


相変わらず莉子はかっこいいなぁ。
そういう感想になってしまう。

以下ネタバレの感想文↓

本棚:「てんてんの大丈夫、きっとうまくいく。」

仕事とか日常生活で、後ろ向きになることってやっぱありますよね・・・

オイラは結構後ろ向き人間で、すーぐションボリしちゃったり、ムキャーってなっちゃったりするので
ちらんとこちらを読んでみました。

てんてんの大丈夫、きっとうまくいく。てんてんの大丈夫、きっとうまくいく。
(2009/12/13)
細川 貂々

商品詳細を見る

最近ちょっとこの細川てんてんさんが好きかもしれないですw
このなんともいえない絵と雰囲気が好きでございます。

私も出来れば前向きに生きたい!って日々思いながらも
どーも後ろ向きになっちゃうことが多いので、すごく共感しながら読むことが出来ました。

あと、禅宗の教え「十牛禅図」を元にコミックでわかりやすく進んでいったりするので
読みやすい!
楽しい!
前向きになれるかもしれない!

言葉は言霊。
これは昔から私もそう思ってるんだ。
口から出したことは、魂となって飛んでいく。

だから、
「大丈夫」
っていう魔法の言葉で、これから先元気に前向きに、生きていけたらいいなっ

後、共感したのはそんなにすぐに人は変われないってこと。
1冊本を読んだからってすぐ前向き人間になれるわけないんだから、
今までこうやって後ろ向きに生きてきた自分とも手を繋いで、
ゆっくりゆっくりでも少しずつ前向きになっていけたらいいなと思いますた。


2011.09.12読了

本棚:「蒼空時雨」 綾崎 隼

朝起きてからまた読書ー!
晴耕雨読ってやつですな。窓開けてたらすごく涼しい風が入ってきて読書日和な感じです。

読みやすくって一気読み。
蒼空時雨 (メディアワークス文庫)蒼空時雨 (メディアワークス文庫)
(2010/01/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


読書動機はワカマツカオリさん。
このカバーイラストを描いていらっしゃる方です。
この方のイラストが大好きなんですー!!!(*´∀`)

本屋に行ったときに、ばちこーんと目が合って一気に手に取りました。
でも、この作者の方を知らなかったので、メモって帰って図書館で借りてみました。

~あらすじ~
秘密を隠した二人の男女のラブストーリー。
かと思いきや、その秘密はもう一人の人物を深くかかわらせる。

雨の中で倒れていた女を助けた男。
その男に、事情はまだ話せないが、しばらくここにおいてほしいと頼む女。
コレだけ読むととても怪しい話に思えるが、読むうちにその気持ちは純粋な思いへと・・・。



なんかあらすじと感想がごっちゃになってしまった。が、
とにかく、なんだか胸にぐっときた話だった。

以下、もしかしたらネタバレ含む感想↓

本棚:「学ばない探偵たちの学園」 東川篤哉

なんか急に本が読みたくなって、一気読みー!

学ばない探偵たちの学園 (光文社文庫)学ばない探偵たちの学園 (光文社文庫)
(2009/05/12)
東川 篤哉

商品詳細を見る

久々に読んだ中で、推理ー小説ーーーーーって感じの作品でした。
トリックー!!!って感じでしたしね。
ちょっとコナン臭を感じた気もしたw


~あらすじ~
転校してやってきた主人公トオルは、文芸部に入ろうとしたところ何故か探偵部に入ってしまう。
破天荒な部長と関西弁の部員と共に、部活動に励んでいるところ、
学園で本当に密室殺人事件が発生。
同じ学園のアイドルが行方不明になるなど、立て続けに起こる事件に、探偵部の推理は一体!?


以下、ネタバレ含む感想~↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。